BLOG

2016年08月29日

帯結び”文庫”の由来を知ると形付けが分かりやすい!

月曜日は毎週ではないのですが、着付け教室に行ってます!

新しい帯結びの練習や、普段から手を動かしてないと鈍るので、
もうずっと続いてる習い事の一つ!

今日は基本に返って文庫結びをしました。

なんでこの結び方が文庫っていうか知ってますか⁇

文庫とは、本や帳簿、手紙などを入れておく箱の事です!

image

こんな感じの箱!

なので、文庫結びは、四角く見えるように形作っていきます。

両方の羽の中に何かが入ってるように空間を作りながら
左右対象にしていきます。

image

image

ねっ!

由来を聞いたらどういう形にしていけばいいか分かりやすいですよね( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺

なので、ただ羽根を下に垂らしてるだけではないんですよ‼︎

こういう事までしっかり教えてくれるので、篠木先生尊敬します‼︎

また、着付けが楽しくなった1日でした♡

篠木先生については前に紹介してるブログがあるので、是非見て下さ〜い‼︎

(まだリンクの貼り方分かりません💦杉本さん教えてください˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚)